--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-07-23(Sat)

第185話『トラウマの話』

プチ断食をすると体体の調子が良くなると聞き、まんまと試した緑茶の館へようこそ。

二日目の昼からずっとおなかがグルグルと音を発してて恥ずかしいのなんのって。

我慢の限界もあり、その夜思いっきり暴食

その後、吐きそうになったのは言うまでもない。







さてさて、今回は何の話をしようか



そうだ、ゴキブリの話をしよう。




ゴキブリは害虫と言われます。
人間に害しか及ぼさないからです。


ゴキブリが好きな人っていますか?

虫嫌いの私でなくても

たぶんゴキブリは大半の人が嫌いでしょう。






私にはトラウマになったゴキブリ体験が二つあります。




一つ目は、バイト先でのこと

仕事中に出たんですよ、Gが。(Gとか言うとなんだかガンダムっぽいね)



普通に出たってだけではトラウマになりません。

では何があったのか

そのバイトは接客業で、ずっと立ち仕事
もちろんGが出るなんて知る由もない私は
足元など気にせず、せっせと働いていました。

そもそも足元なんてそうそう見ないじゃない?
だからさ、Gがいることになんて全く気が付かなかったんです・・・


足元で「プチッ〃」っという音がするまでは・・・。




「ん?プチッ?なんか踏んだか?」と思って下を見ると
そこにはぐしゃっと潰れて体液をまき散らす茶色い(故)生命体





ギャーーーーーー!








その時のGの弾けたプチっという感触・・・
Gの無残な姿・・・


今でも忘れられません。
Gを見るたび足にあの感触ががががががががぁぁぁぁ・・・・orz





ちなみにその後のGの処理について

その時私は18歳で、そのバイトを始めて日が浅く
まだ1,2回しか会ったことなく、まともに話したことのない人がいました。

24歳のKさんとしましょう。
正直この人とは合わないだろうなと苦手意識がありました。


さて、とにかく虫およびGが嫌いな私は
潰れたGを前にへっぴり腰、情けない話ですが嫌いなもんは嫌いだし
Gを好きになる気はありません。


そんな様子を見たKさんは私を睨み

『お前ビビりか?ヘラヘラしてんとはよやれやクソが。見とってムカつくねん』

『俺ビビりって大嫌いやねん』





いきなりキレられて嫌われましたよ私。
ていうか、たいして面識のない相手にいきなり大嫌いって言うか普通?

でも圧倒的に立場の弱い私は
「へへへっ、すんません、ゴキブリだけはホンマ無理なんです(苦笑)」
と言うしかないわけですが





『その態度がムカつくねん、俺嫌いやわ』






もうね、内心では「はぁ!!??」ですよ
なんなんコイツ、よくそんなことが言えるな
滅多に怒らない私ですがこの時ばかりはブチギレですよ・・・心の内側でね。


この瞬間からKさんは【苦手】という分類から【嫌い】という分類へ

その後一年ほど共に働くのだが
Kさんには必要以上関わらないようにしたのは言わずもがな。
しかし愛想だけは良くしてましたよ。
どんだけ嫌いな人でも、表に出しちゃいけない。
これが私のモットーです。






どっちかっていうとゴキブリよりこっちのほうがトラウマになってるっていうね・・・。
正面から相手に嫌いって言われることってそうそうないよほんと・・・。










さて、二つ目。
これは簡単、夏のある日
深夜何時だろう、普通に寝てたんですよ

太ももの辺りがなんだかこそばい
もちろん眠気のほうが強かった私は
そのこそばさを気のせいだと思いこみました。

しかし、気のせいだと思い込んだ後も
無性にこそばい。


ああもう”!

仕方なく眠い目をこすり、月光が差し込み薄暗い太もものらへんを目視。
何かが・・・動いている?黒いかた・・・まり?





!!!!????





嫌な予測が脳裏に浮かび、一気にお目覚め


(ゴキか!!!???うそやろ!!!??)



確信はないが、とにかく反射的に手で掃う掃う。




ピシピシペシッ!





ふぅ~・・・




こそばいのはなくなった


しかしなんだったのだろうか

ゴキブリだったという現実を知るのが恐くて、そしてやっぱり眠くて
電気をつけて確認することはしませんでした。


ゴキブリじゃなかったかもしれない、いや、違うと信じよう。

そう思って再び瞼を閉じた私


しかし、やはり気になる

もしゴキだったら・・・またこっちにきたら・・・

不安だ。


やっぱり電気つけて身辺にいないかだけ確認しとこう。



そう思って瞼を開けた瞬間



ギャーーーーーーーーー!!!!???



寝ている真横に見える黒い影






カサカサカサ・・・







うごいぐおえいjgふぉdmふぉえいfjとえかfgんkぇsjgfpj!!!!!!!!!!










Gと添い寝した過去を持つ男となりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

世の中には素手でGを殺せる強者がいるらしいよ・・・。

いや、しかしその体験は恐怖すぎる。
トラウマにもなるね(笑)

怖い怖い・・・

素手とか・・・猛者すぎる
さすがにそこまでの猛者にはなりたいとは思わないけど(笑)

結局“Gが出ないように家を清潔に保つ”のが一番いい気がするんだ。
アクセスカウンター
プロフィール

緑茶ティポ

Author:緑茶ティポ
緑茶の館へようこそ。
Janne Da Arc&Acid Black Cherry
 大好きっこです(´・ω・`)
〃コメントくれたら喜びます〃

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
友人ブログリンク
【ゆず~緑茶選TOP5~】
1.飛べない鳥
2.朝もやけ
3.表裏一体
4.値札
5.巨女
フリースペース
~管理~
◆管理者ページ◆

この人とブロともになる

つぶやき
マビノギ

マビノギ公式

マビノギWiki
ドラクエ10
ティポのきまぐれ
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
ランキング
にほんブログ村 サッカーブログ totoへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。